【2022年12月登場】プライズ ブルーロック

通信
出典:BANPRESTO ©金城宗幸・ノ村優介・講談社/ブルーロック製作委員会

2022年12月登場予定ブルーロックプライズまとめ

全国のアミューズメント施設にあるクレーンゲームやオンクレで2022年12月にブルーロックの新作プライズが登場します。最新のフィギュアやぬいぐるみなど数多くのプライズが発表されている最新情報をまとめました。

Q posket-御影玲王- 全2種

御影玲王(ミカゲ)Q posket

Q posketシリーズから「御影玲王」が登場!髪を束ねて試合に臨む立ち姿が立体化!箱に入っているフィギュアの重心によって獲得に大きく関わります。できる限り重い方を下向きにすることで難易度がさがるかも。

  • 登場日:2022年12月6日(火)
  • サイズ:約14cm
導入店舗の検索へ

スタンド付きデフォルメアクリルプレートvol.2 全11種

スタンド付きデフォルメアクリルプレートvol.2

スタンド付きデフォルメアクリルプレートの第二弾。凪誠士郎や御影玲王などの原作に登場するライバルチームやコーチのキャラクターがラインナップ!

  • 登場日:2022年12月6日(火)
  • サイズ:約8cm
導入店舗の検索へ

ホログラム缶バッジvol.2 全14種

ホログラム缶バッジvol.2

ブルーロックのキラキラ輝くホログラム缶バッジの第二弾が登場。原作に登場するチームZやライバルチームがキャラクターがラインナップ!

  • 登場日:2022年12月6日(火)
  • サイズ:約7cm
導入店舗の検索へ

でっかいぽふっとぬいぐるみ~千切豹馬・國神錬介~ 全2種

でっかいぽふっとぬいぐるみ~千切豹馬・國神錬介~

「千切豹馬」と「國神錬介」がほっこりした表情が特徴のでっかいぽふっとぬいぐるみになって10月に引き続き登場。このシリーズは腕の間にアームを差し込んでホールドさせるのが獲得の攻略!

  • 登場日:2022年12月13日(火)
  • サイズ:約20cm
導入店舗の検索へ

フラットクリアポーチvol.1 全2種

フラットクリアポーチvol.1

カッコいいデザインのフラットクリアポーチが登場。「潔世一と蜂楽廻」2つのキャラクターがラインナップ!来年も続々と登場予定です!

  • 登場日:2022年12月15日(木)
  • サイズ:約19cm×約25cm
導入店舗の検索へ

Q posket-凪誠士郎- 全2種

凪誠士郎(ナギセイシロウ)Q posket

Q posketシリーズから眠れる天才こと「凪誠士郎」が登場!ティザービジュアルにて着用しているユニフォーム姿をフィギュア化しています。箱に入っているフィギュアの重心によって獲得に大きく関わります。できる限り重い方を下向きにすることで難易度がさがるかも。

  • 登場日:2022年12月21日(水)
  • サイズ:約15cm
導入店舗の検索へ

蜂楽廻 フィギュア 全1種

蜂楽廻 フィギュア

TVアニメ『ブルーロック』の速さと技術を持つドリブラーこと「蜂楽廻」がプライズフィギュアで初登場!躍動感のあるアクションポーズのフィギュアとなっています!

  • 登場日:2022年12月22日(木)
  • サイズ:約12cm
導入店舗の検索へ

ブルーロックプライズの情報リンク

各月に登場したプライズラインナップを確認してコレクションを充実させるための情報を収集しましょう!

おすすめ商品

※画像をタップして商品情報へ※

あなたのおすすめ商品をピックアップしました。ブルーロックのプライズ以外の商品も一緒に集めてみてはいかがでしょうか!

ブルーロックのプライズについて

ブルーロックのプライズは全国アミューズメント施設のクレーンゲーム(UFOキャッチャー)やオンクレなどで獲得することができます。2018年から連載が始まりこれまでと違う形のサッカー漫画に魅了され2022年ワールドカップが開会するタイミングで遂にアニメが2022年秋にスタートしました。そこからは勢い止まらず盛り上がりを見せており、ここでブルーロックの魅力に気付いた方も多いのではないでしょうか。

そんなブルーロックのプライズは少なく目立つ存在ではありませんでしたが、アニメをきっかけに今ではぬいぐるみはもちろんフィギュアのラインナップも続々発表され始めました。今後のラインナップとしてそれぞれ違った能力を持つキャラクターが活躍を見せる場面の造形が発表されることが予測されます。そのためにもコレクション整理と事前準備を行いどんなプライズが登場するかチェックを徹底しましょう!そしてクオリティにも期待しつつブルーロックをより盛り上げていきましょう。

もっとみる

出典:BANPRESTO ©金城宗幸・ノ村優介・講談社/ブルーロック製作委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました